青汁を飲み始めました。

今週からいよいよ青汁を飲み始めました。
飲み始めるきっかけになったのは、ダイエットからのスタートでした。
1年間で体重が4kg増えて、このままでは危ないなと感じたからです。
ストレスが減って運動量も減ったら、一気に増えました。単純明快です。
今は食生活の改善と運動量の両方で減量しています。
運動は日常のウォーキングと趣味のトレッキングで足腰を鍛えながら、
食生活は食べる量の減量と、肉食を減らして野菜の摂取量を増やしています。

また、寝る前2時間の食べ物は我慢して全く控えています。
野菜の摂取量を増やしたいのですが、なかなか理想的な量が摂れないので、
青汁を飲んで一気に挽回することにしました。
周りの年輩の人が、テレビのコマーシャルのように青汁を美味しそうに飲んでいるのを見ていたら、
私もなんとか飲めないことはないかなと思いました。

また私はサウナが好きで、人一倍に水分は摂るほうですから、他の人よりは抵抗がないかなとも思いました。
話しに聞くと、最近の青汁はどんどん飲みやすくなってきているし、
飲んでいるうちに美味しく感じられると言うことだったので、
途中でやめてもいいかなと思いつつ、思いきって買ってきました。
最初に飲んだ時はどんな味かなと思って、何にも混ぜずにそのままで飲んでみました。

冷たい水に溶かして、それに氷を入れて飲んだのですが、想像していたよりは早く溶けました。
飲んだ感想は「意外にいける!」でした。
でも、今後ずっと続けられるかというと、少し不安が残ったので、
2回目には牛乳を入れてみました。「う~ん微妙?」
問題は薬のように無理して飲まずに、普通に長く続けられるかです。
妻も飲んでみたら、もっと甘くして飲みやすくしたらと言ったので、カロリーが気になりましたが
3回目にはスプーン1杯の砂糖を入れてみました。「前よりはいける!ガムシロップでもいけるかな?」
当面はこれでやってみることにしました。

飽きたらまた違うものを入れて、楽しみながら青汁を飲んでみたら良いと思います。
今は朝のウォーキング前に青汁とトーストで朝食を済ませて、元気に出かけています。
また昼食と夕食の間の空腹な時にもう1回飲んで、青汁の味に慣れようと思っています。
これからはサウナに入るときにも、水筒に入れて持って行こうと思います。
ところで、一日の飲む量に制限があったかな?

このままのペースでいくと、どんどん飲む量が増えてきそうなんだけど。
最近はウオーキング焼けして肌に悪いので、少しは美肌効果も出れば良いかなと思っています。
青汁との飲み合わせが悪くて、何か体調の変化が出るかなと思いましたが、今のところ全く変化なしです。
逆にまだ4日目ですが、気のせいか便通も良くなったみたいで、その分の体重が減ったような気がします。

私は性格的に決めたことは継続できるタイプなので、これからも続けて目標の体重60kgを早く切りたいですね!

参照サイト様:あなたに合うのはどれ?飲みやすい青汁たち

 

味にも気をつけたい青汁について!

私は健康のために青汁を飲んでいます。健康にとても良い青汁ですが、この青汁には健康以外にも良い効果があります。青汁には他にも「アンチエイジング効果」や「便秘解消効果」や「ダイエット効果」や「疲労回復効果」があります。それほど青汁に入っている野菜に含まれる栄養素は素晴らしいものなのです。

b-j (25)ただ私は一度、疲労回復効果に良いと聞いて、「ケールの青汁」に挑戦したことがあります。正直言うと失敗だったと思います。ケールの青汁は思っていた以上のまずさだったからです。私はケールの青汁に挑戦したおかげで、青汁の「味」の重要さに気づきました。確かにケールの青汁を飲んでいた頃は、肌もすべすべになったし、体も元気でした。効能だけで見ると、すごくいいものだとは思います。でもこれは続けるのは難しいです。まずい青汁を続けるのは本当に辛いことなのです。

私はいつも青汁を飲む前に息を止めて、鼻をつまみました。それでも後味は残ってしまって、飲み終わって数秒たってからつまんでいた鼻を外してもむわっと味と匂いが広がりました。これに吐き気がしてしまって、我慢するのが辛かったです。最初は頑張っていたけど、1か月、2か月と時が経つ度に辛くなりました。このまずさが私にとって大きなストレスだったのです。

b-j (49)そのケールの青汁から、今は大麦若葉の青汁に変えています。理由は単純に飲みやすいから。ケールの青汁から大麦若葉の青汁に変えたら、びっくりするくらい飲みやすくなりました。飲む前から味を思い出して「うぇ」となっていたケールの青汁と比べると大麦若葉の青汁は本当に美味しいのです。違いがありすぎて、驚くくらいに飲みやすいです。青汁の「味」ってすごく重要だと思います。ケールの青汁は週1くらいで飲んでいましたが、大麦若葉は毎日飲んでも辛くありません。この青汁は1か月、2か月と経ってもストレスがありません。やっぱりこっちの青汁が私には合っていると思います。

大麦若葉の青汁なら子供も飲んでくれるのです。子供も野菜嫌いで私はすごく気になっていました。でも子供は味に敏感で、ケールの青汁は絶対に飲まなかったです。でも大麦若葉の青汁なら飲んでくれました。青汁にも種類があって、飲みやすいものと飲みにくいものがあります。よく考えて選びましょう。青汁を続けたいと思うなら、大麦若葉の青汁や明日葉の青汁がいいのではないでしょうか?特に抹茶味の大麦若葉の青汁はオススメなので、青汁の味に抵抗感がある人は、大麦若葉の青汁をお選びください。

青汁には疲労回復効果もある!

青汁は健康に良い飲み物です。昔から健康のために飲んでいる人がたくさんいるでしょう。他にもいろいろと効果はありますが、青汁に「疲労回復の効果」があることをご存知でしたか?青汁には、たくさんの栄養分が入っています。青汁に含まれている野菜には疲労回復効果のある様々な栄養分が含まれているのです

人は知らない内に疲労を蓄積してしまうことがあります。特に真面目で頑張りすぎる人は要注意で、疲労が溜まりすぎて1日仕事を休んだくらいでは疲労感が消えないこともあるのです。この疲労を蓄積してばかりいると慢性的な疲労感に襲われることがあります。これは体にとって良くないことであり、病気に結び付くこともありますし、老化に悩むこともあります。疲労が溜まりすぎると活性酸素を発生させて「老化」の症状に悩むのです。これを防ぐためにあるのが「青汁」です。

慢性的な疲労をどうにかするためには、青汁に含まれる疲労回復効果のある成分や活性酸素を除去する成分に頼った方が良さそうです。内側からこのような栄養を補給することで、疲労感は治まります。青汁には疲労回復&活性酸素除去に役立つ「ビタミンC」や疲労回復のための「ビタミンB1」や「クエン酸」、それから活性酸素除去のための「SOD酵素」や「カロテン」などが含まれています。これらの成分が豊富な青汁を選べば、疲労回復に良い効果を実感できるでしょう。青汁で内側から疲労を取り除いてあげると、疲労を軽減できます。

それから青汁に入っている原料にも注目しましょう。疲労回復に高い効果があると言われるのは、「ゴーヤ」が入っている青汁です。ゴーヤは元々夏バテのときなどに良いとされており、疲労回復効果があります。このゴーヤの青汁を見つければ疲労回復に効果ありです。それから「ケール」が入っている青汁もいいでしょう。疲労回復効果があり、さらに抗酸化作用にも優れたケールの青汁は、疲労回復のためには素晴らしい効果を発揮してくれるでしょう。このように主原料にも注目してみましょう

ただゴーヤやケールの青汁は他の青汁と比べて飲みにくいというデメリットもあるんですよね。ちょっと苦味が強かったり、臭みが強かったりするので、癖が強いかもしれません。疲労回復のために我慢してぐびっと行きましょう。もしくは、レモンを加えたり、水ではなく牛乳などに混ぜるなどして、なるべく飲みやすくしてみるといいのではないでしょうか。徒労回復を放っておくと健康に害を及ぼすこともあるので、気をつけてくださいね。